ハワイ桜基金について

ハワイ桜基金のホームページへようこそ!

純粋な日本の桜のハワイ開花を渇望しているハワイの人たちの長年の希望に応えるため、この挑戦的なかつ大掛かりな試みで、2012年に発足した「ハワイ並木委員会」の後を継いで、当基金は2017年9月に設立されました。

本来、温帯性の種である日本桜を亜熱帯気候であるハワイに導入するということは大変至難の業であり、現在に至るまでハワイに咲く桜といえば台湾桜しか存在しなかったという既成事実は、過去のおける類似企画の失敗を顕著に物語っています。

しかし、私共はあえてこの難題に取りくみ、上に言及いたしました様々な問題に対処 してまいりました。日本とアメリカの友好と友情のシンボルとして、1912年にアメリカ合衆国に贈られた桜の百周年を記念して、私共が2011年にハワイに導入しました日本桜の木々がこのほど開花し始めました。
これは今までの定説を覆すものであり、前身である委員会にハワイ州より正式な法的認可がおりまして、ここにめでたく私共は「ハワイ桜基金」と銘打って米国公益法人設立の運びとなりました。

いつの日か満開の桜の木の下で桜祭りを実現するためにも、私共基金への温かいご支援、活動 への賛同を切にお願いし、ご挨拶に代えたいと存じます。

ありがとうございました。 理事一同

役員一覧

理事長Dr. Tetsuo Koyama
小山鐵夫博士
元NY市立大学大学院教授
元NY植物園アジア部長
前日本国外務省国連代表部代表顧問
前高知県牧野記念財団理事長、他
副理事長Arthur Taniguchi
タニグチ・アーサー
日本国総領事館名誉総領事 (ハワイ島ヒロ)
前ハワイ銀行副頭取
副理事長Jane Sugimura
スギムラ・ジェーン
弁護士
理事Shizuko Eguchi
江口静子
ハワイ桜基金
会事務局長(事務、経理長)
理事K.T. Cannon-Eger
ケー・テー・キャノン エガー
非営利団体
リリウオカラニ ガーデンズ 友の会会長
理事Dr. Masafumi Honda
本田正文博士
ハワイ大学ヒロ校教授
理事Ann Kobayashi
コバヤシ・アン
ホノルル市 市会議員
理事Russell Kokubun
コクブン・ラッセル
元ハワイ上院議員民主党の政治家
元ハワイ農務省長官
理事Norie Masamitsu
政光訓江
トニーグループ 企画広報理事
理事Kelvin Sewake
セワケ・ケルビン
ハワイ大学 校外活動部副部長

基金の活動

米国公益法人としての最初の活動は、木のケアー(care)のために、桜守を日本から招聘し、枝の剪定、樹形整備、植え替えと施肥など全体にわたる抜本的なケアーを行ないました。その費用は日本側からの寄付金で支弁されました。
この枝の剪定により、今年は花数が増えた様な感があります。
2019年に再び同じ桜守に来布を要請し、再度、全部の木の再調査を依頼したい、と云う建議が理事から出ております。その費用を今回はハワイ側で支弁すべく、各位のご寄付のご支援(support)を頂きたくお願いします。
皆様から頂きました大切なご寄付によりまして、このような事が可能になりますので、よろしくお願い申し上げます。

ハワイ桜基金は501(c)(3)の許認可を受けた非営利団体で、ご寄付は米国、課税控除対象となります。
小切手でのご寄付は下記のあて先までご郵送くださいませ。

Hawaii Sakura Foundation
1050 Bishop Street, Suite 495
Honolulu, HI 96813

剪定前
剪定後
ホノルル マノア G氏宅